2021年2月9日

「東京アルミセンター 顔が見える営業を」 遠山純一郎営業部長に聞く 女性社員を積極採用

人と人とのつながりは大事――。お互いの顔が見える営業を基本とし、社内では少し若い人たちに目線を合わせ従業員全体の一体感を作り出す。その一方で、会社の持続発展に向けた施策にも考えを巡らす。東京アルミセンター営業部長の遠山純一郎氏に、今後の自身や会社、業界について聞いた。

 ――節目の年を迎えた。

 「今年40歳になる。一般的な定年退職の年齢まで20年余りになった。会社を持続発展させるため、どうしたら良いかを考えていかなければならない。当然ながら、世代別で考えは異なる。40代に入った私の視点で、足元と将来について何をしていきたいのかを話せればと思う」

おすすめ記事(一部広告含む)