2021年3月30日

鉱業協会 第一に資源安定確保

 日本鉱業協会の村山誠一新会長(JX金属社長)は29日、東京・神田錦町の協会会議室で就任会見に臨み、資源の安定確保を第一の課題に上げた。特に重要な施策として2022年3月末に租税特別措置法上の適用期限を迎える減耗控除制度と海外投資等損失準備金制度の鉱業2税制の維持、拡充を求めていく考えを示した。

おすすめ記事(一部広告含む)