2021年3月31日

レアアース 20年国内需要9%減

 新金属協会の希土類部会(部会長=渡邊眞一・太陽鉱工東京支店長)はこのほど、2020年の希土類(レアアース)の国内需要を前年比8・9%減の1万7401トンと発表した。前年実績を下回るのは7年ぶり。ネオジム磁石に使うネオジムとジジム(プラセオジム・ネオジム)は2年連続の減少だった。電池材料となるミッシュメタル(混合希土金属)や精密研磨などに使われるセリウムもマイナスに転じた。一方、蛍光体が主用途のイットリウムは6年連続の増加。

おすすめ記事(一部広告含む)