2021年5月11日

住友金属鉱山 今期11.9%増益見込む

 住友金属鉱山は10日、2022年3月期の連結税引前利益(国際会計基準)が前期比11・9%増の1380億円になる見通しだと発表した。資源部門がけん引役。製錬部門と材料部門は減益になる。売上高は13・1%増の1兆470億円を見込む。年間配当は12円増の133円と予想した。

おすすめ記事(一部広告含む)