2021年9月3日

レアメタル相場 上げ下げ交錯

レアメタルの国際相場は一部鉱種で息切れし、上げ下げの方向性が分かれてきた。欧米や中国の自動車・半導体関連向け需要には底堅さがあり、タングステンやインジウムは高値を更新した一方、コバルトやセレンは数カ月ぶりに反落。新型コロナウイルスの感染拡大が新興国で深刻化し、需要への影響が不安視されているほか、中国の景気ブレーキの憶測も買い気を鈍らせているようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)