2019年11月8日

レアメタル相場 弱材料出尽くし底打ち

 レアメタルの国際相場に底打ち感が広がってきた。世界的な需要悪化と余剰懸念を背景に、ここ1年以上にわたって下値探りと底割れを繰り返していたが、相場の重しとなっていた中国取引所在庫の落札が一巡。弱材料がようやく出尽くし、先月のアンチモンに続いてタングステンやビスマスなどは上昇に転じた。ただし、その反発は早くも息切れ気味で、目先も下値不安はぬぐえないようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)