2021年10月5日

中国 21年レアアース採掘枠2割拡大

 中国工業情報化省と自然資源省はこのほど、希土類(レアアース)の分離・精錬を手掛ける希土類酸化物メーカー6大企業集団に対し、2021年の採掘枠を前年比20%増の16万8000トンを上限とすると発表した。内訳は軽希土が23%増の14万8850トン、中重希土は横ばいの1万9150トン。分離・精製による製品生産枠は16万2000トンとした。レアアースの需要拡大に対応する。同時に発表したタングステン鉱石(三酸化タングステン含有量65%)の採掘枠は3%増の10万8000トンとした。

おすすめ記事(一部広告含む)