2021年10月21日

日本金属 ZA系新マグネ合金圧延材を開発

 日本金属は20日、産業技術総合研究所(産総研)、不二ライトメタル(本社=熊本県長洲町、古澤清一社長)と共同で、優れた室温成形性と強度、高い熱伝導率を有する「ZA(亜鉛・アルミ)系新マグネシウム合金圧延材」を新たに開発したと発表した。自動車電動化や高速通信に貢献する材料として、自動車部品や5Gなどの通信機器向けでの採用を目指す。すでに量産サイズのコイルで試作を完了しており、今後は量産体制の確立を進める。

おすすめ記事(一部広告含む)