2021年11月8日

中国産シリコン軟調 生産量コロナ前上回る

 中国産の金属シリコン市況は弱含みで推移しそうだ。脱炭素の流れが一時的に和らいだことで、足元の生産量がコロナ禍前の19年より増えていることが下押し圧力に働く。今後の太陽光パネル需要増を見越した旺盛な買いは、相場の下支え要因にはなる。ただ「来年にかけ、さらに急増するとは考えにくい」(非鉄金属専門商社タックトレーディングの上島隆社長)ことから、需要の伸びを生産の増加が上回るとみられる。





おすすめ記事(一部広告含む)