2022年1月27日

アルミ圧延品 21年出荷4年ぶり増

2021年のアルミ圧延品(板・押出)の出荷量は4年連続で200万トンを割り込んだものの、4年ぶりに前年を上回った。需要がおう盛だった半導体製造装置向け厚板などが好調だったことに加え、自動車向け板は過去最高の出荷量となった。箔もコンデンサーなど電気機械器具向けの伸長を受けて、3年ぶりに増加した。





おすすめ記事(一部広告含む)