2022年4月1日

マグネ総需要 22年見通し6.4%増

日本マグネシウム協会(会長=井上正士・不二ライトメタル取締役)はこのほど、2022年の国内マグネ総需要が前年比6・4%増の3万5000トンと、新型コロナウイルス禍前の水準に回復すると予測した。構造材向けは横ばいの7300トンだが、添加材向けが2万6200トンと8・1%増加する見通し。防食その他や輸出も若干増加するとみている。21年の需要実績は9・2%増だった。






おすすめ記事(一部広告含む)