2022年4月4日

住友鉱山 22年度銅地金生産44万7000トン

住友金属鉱山は1日に2022年度(23年3月期)の地金生産計画を発表し、電気銅は21年度実績見込み(2月時点予想)より3万トン(7・2%)多い44万7000トンとした。22年度は2年に1度の大規模定修がないため公称設備能力45万トンに近い生産となる。電気ニッケルは10%増の5万5500トン、フェロニッケルは6・9%増の1万3900トンを計画する。







おすすめ記事(一部広告含む)