2022年4月14日

中国産マグネ 生産過多でジリ安

 中国産マグネシウム相場が下落基調にある。年約80万トンの需要見通しに対し、年95万トン程度のペースで生産しているためだ。マグネ工場は昨年9―11月の相場高騰で潤っており、売れ残った在庫を抱えても資金負担に耐えられる状況にある。ただ、過剰な生産が続く中では、相場のジリ安傾向は続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)