2022年5月31日

アルミ厚板 装置向け荷動き一服

 液晶・半導体製造装置向けアルミ厚板の荷動きに一服感が見られる。装置メーカーの部材不足など、サプライチェーンの混乱などを受けて装置の組み立てに遅延が生じていることが背景にあるようだ。ただし、影響は限定的で、「6―7月ごろには回復するのでは」と都内の流通幹部は見通しを示す。

おすすめ記事(一部広告含む)