2022年6月29日

三菱マテ 一部品目の生産終了検討

三菱マテリアルは銅・銅合金の型銅(ビレット・ケーク)について、一部品目の生産終了を検討していることが分かった。サイズの統廃合や不効率不採算製品からの撤退で安定供給体制を確保するのが目的。ビレット・ケークは製造能力を上回る高水準の受注が続き、供給体制は不安定な状況だった。加えて品種・サイズの多様化で工程が複雑化し、十分に発揮できなかったことからも見直しが必要だった。

おすすめ記事(一部広告含む)