2022年3月2日

屋内・設備用電線 塩ビ急騰映し高値更新

屋内配線用や設備用の電力ケーブル相場が上昇した。VVF(ビニル絶縁ビニルシース平形)の市中卸売値は1・6ミリ2心サイズでメートル当たり約1円上げて52円前後、VCTF(キャブタイヤケーブル)0・75スケア2心も約1円上がり35円前後と、それぞれ過去最高値を更新した。銅や副資材のコスト上昇が反映されたが、サイズや地域によってバラつきがあり、足並みがそろっているとは言い切れない状況だ。





おすすめ記事(一部広告含む)