2022年5月27日

古河電工・新中計 25年度営業益580億円超へ

古河電気工業は26日、2025年度(26年3月期)を最終年度とする4カ年の中期経営計画「Road to Vision2030―変革と挑戦―」を策定したと発表した。25年度に連結売上高は1兆1500億円、営業利益は580億円以上、ROIC(投下資本利益率)は6%以上を目指す。既存事業の収益最大化と30年を見据えた新事業創出の基盤整備を進める。22―25年度累計の設備投資額は1900億円、戦略投資は500億円を設定した。





おすすめ記事(一部広告含む)