2022年7月7日

アジア物性材料 ガリウム製品売上1.5倍へ

 レアメタル・回収精製のアジア物性材料(本社=横浜市緑区、吉澤信孝社長)は、ガリウム製品の今期売上高を前期比1・5倍に引き上げる。同社特有の高純度化技術と形状を制御する技術により、顧客の細かい要求に対応。主力の酸化ガリウムは半導体市場を向け先に引き合いが強まっている。近年は次世代パワー半導体用途でも活用が見込まれており、「今後の引き合い次第では増産体制も視野に入れる」(吉澤社長)という。窒化ガリウム(GaN)やガリウム(3)アセチルアセトナートなどの研究開発も進める。

おすすめ記事(一部広告含む)