2022年8月9日

中国・金田銅業 今期生産180万トン

 中国の銅加工大手の寧波金田銅業グループは今期(2022年12月)の銅・銅合金材料の生産量を前年実績より約30万トン多い180万トンと計画している。設備投資で条・線製品の生産量が増えるほか、EVや端子材、丸線などの需要拡大が続くと予想。中国・上海でのロックダウン(都市封鎖)の影響もグループ全体では軽微だった。足元でも販売は堅調で、200万トン台に上振れする可能性もある。

おすすめ記事(一部広告含む)