2022年7月28日

神戸製鋼・銅板事業/成長戦略を聞く/西口昭洋執行役員/需要短期減速も下期回復/越新拠点でCASE関連捕捉

 車載や半導体関連の銅板条需要は好調だった前期と比べ、今年度は中国・上海でのロックダウン(都市封鎖)などで一時的だが急速に鈍化した。ただ、下期には回復が見込まれ、中長期的には自動車のCASEの進展などで、高機能製品を中心に成長の伸びしろが大きいことには変わりない。その中で神戸製鋼所はベトナムにスリット加工・販売拠点の新設を決定。高まるニーズに応えるため供給拠点の拡充に向けて動き出した。銅板事業を管掌する西口昭洋執行役員に足元の状況と今後の展望を聞いた。

おすすめ記事(一部広告含む)