2022年9月30日

福田金属箔粉工業 3D用銅粉末に新製品

福田金属箔粉工業は積層造形用粉末のFAMシリーズで、従来品に比べて加工性能を大幅に高めた新製品、FAM―G101HLを開発した。導電性が高い純銅はファイバーレーザーの反射率が高いため加工が難しかったが銅にクロムと銀を添加することでレーザーの吸収率を高め、加工後の熱処理を経て高い導電性と硬さが得られる粉末を開発した。今後需要家にサンプルを提供し3Dプリンターならではの複雑形状で導電性の高い部品などへの適用を提案する。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)