2022年10月3日

アルミ圧延品出荷 食品向け箔5%増

 日本アルミニウム協会が28日に発表した8月のアルミ圧延品の生産・出荷概況によると、板・押出を合わせた出荷量は缶材や自動車など主要分野で前年を割り、6カ月連続のマイナスとなった。箔もコンデンサー、リチウムイオン電池(LiB)といった電気機械器具向けが前年の高水準からの反動減で6カ月連続の前年割れを喫した。
おすすめ記事(一部広告含む)