2022年11月16日

三菱マテ 銅加工の収益性改善へ

三菱マテリアルは銅加工事業の収益性強化に力を注ぐ。今年度までの中期経営戦略で同事業の投下資本利益率(ROIC)目標を3%と設定しているが、1・8%程度にとどまりそうな見通し。伸銅品の加工賃(ロールマージン)引き上げに着手しているが、製品ポートフォリオのさらなる見直しなども進めていく方針だ。





日刊産業新聞DIGITAL日刊産業新聞 紙版 
おすすめ記事(一部広告含む)