2022年11月24日

中国輸入銅プレミアム急落

中国の輸入銅プレミアム(CIF上海)が急落している。先週半ばまでトン135ドル前後で推移していたが、週末あたりから大きく切り下がり100ドルを下回った。中国での新型コロナウイルス感染拡大による実需面の懸念に加え、今月半ば以降の国際銅市況急伸で輸入銅の割安感がなくなったため、値差を狙った裁定取引(アービトラージ)も沈静化したことが要因とみられる。
おすすめ記事(一部広告含む)