2022年12月2日

アルミ新地金 1―3月10円安

国内の店売り軽圧品の指標となる大口ひも付きのアルミ新地金価格は、2023年1―3月期に前四半期比キロ10円安の410円になる見通し。2四半期続けての下落となる。指標となる海外アルミ相場は世界的な景気後退懸念などを受けて9月に底を打ち、10月以降は中国の需要持ち直しへの期待から上昇基調になったことで、地金価格は小幅に下落した。
おすすめ記事(一部広告含む)