2023年9月1日

アルミ新地金10―12月 同値390円

国内の店売り軽圧品の指標となるアルミ新地金の10―12月期の価格は、7―9月期比と同値のキロ390円の見通し。5四半期ぶりに下げ止まった。価格算出の指標となる6―8月の為替と国際相場は、円安基調に加えて中国の景気鈍化見通しによる金属需要減速への懸念から、国際相場は8月まで弱含んだ。圧延メーカーが昨年から導入している添加金属価格に連動する製品価格の変動も小さいとみられる。
おすすめ記事(一部広告含む)