2018年3月19日

鉄鋼・アルミ上乗せ関税 適用除外手続き官報公示 米商務省、90日以内に是非判断

 米政府が課す鉄鋼、アルミ輸入への上乗せ関税が始まるのを前に、米商務省は18日、適用除外手続きを発表した。手続きは19日官報公示、発効する。日本の鉄鋼メーカーなどは自身で申請できないため、米国内の需要家や輸入業者などと協議の上、除外申請の手続きに協力する。除外の是非は商務省が90日以内に判断する。日本政府は国として日本製品全体の適用除外を米政府に求めており、国ごと除外が認められる可能性もあるが、品種別の除外手続きもメーカーなどが並行して対応し、米国内の需要家への影響を最小化するよう手を打つ。

おすすめ記事(一部広告含む)