2018年6月22日

米鉄鋼輸入制限 初の品種別除外認定 日本製品は4件以上

 米商務省は20日、米通商拡大法232条に基づく鉄鋼、アルミの輸入制限で、初の品種別除外を鉄鋼輸入で認めたと発表した。日本製品など42件の除外を認めた。日本の業界関係者によると、日本製品は4件以上が含まれるようだ。当初は手続きが進まなかったが、受理件数を増やしてきており、手続き開始から3カ月で除外認定にこぎつけた。今後も順次除外手続きが進むことで、代替が難しい日本製品の除外例が増えそうだ。一方で商務省は56件の申請を却下したとしており、関係者は今回の判断を精査し、除外が認められるかどうかの分かれ目を見極めようとしている。

おすすめ記事(一部広告含む)