2018年10月5日

リオ・ティント 西豪州鉄鉱石合弁事業、新鉱区の操業開始

 英資源大手のリオ・ティントは5日、豪資源開発のハンコック・プロスペクティングと展開する西豪州の鉄鉱石合弁事業、ホープダウンズで新鉱区、ベビーホープの操業を開始したと発表した。ホープダウンズ1の年産能力を維持する。ホープダウンズでは2020年までにトラック、掘削ドリルの自動化による生産性と安全性向上策も決めた。

おすすめ記事(一部広告含む)