2019年10月24日

伯CBMM、フェロニオブ能力拡張が来年完了

 ニオブの世界最大手、ブラジルのCBMMは年産能力をフェロニオブ換算15万トンと1・5倍に拡張する。フェロニオブ生産の電炉を新設する工事が2020年9月に完了する。11年から10億ドル(1090億円)をかけて進めてきた増強が完成する。世界需要を上回る能力を確保し、安定供給体制を強化する。需要は23年ごろまでに5割拡大するとみており、需要動向を見極めたうえで、追加で約5割増の能力を先行確保する10億ドル規模の新生産ライン投資に踏み切る。

おすすめ記事(一部広告含む)