2020年4月2日

ヴァーレ見通し 欧州、鉄鉱石需要減少も

伯資源大手のヴァーレは31日、欧州の鉄鋼減産が鉄鉱石需要減につながる可能性があるとする見通しを明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、欧最大手のアルセロール・ミッタルなど欧州連合U(EU)28カ国で昨年の銑鉄実績が8700万トンのところ、17%の減産が既に表明されていると指摘。南アフリカなど鉄鉱石の供給減が最大1800万トン程度あるものの、需給に影響する可能性があるという見方だ。

おすすめ記事(一部広告含む)