2022年4月1日

米232条 対日関税の詳細発表 鉄鋼枠、18―19年並み

米政府は31日、通商拡大法232条に基づく鉄鋼で25%の上乗せ関税に関して、4月1日から実施する対日関税割当の詳細を発表した。年間125万トンまで無税とする大枠を2月に示していたが、54品目別の内訳と4―6月分の割当数量を今回公表した。2021年実績の99万トンを上回る大枠の中、米当局が当初公表した通り、品目別にも18、19年実績に近い数量だった。ブリキ原板、鉄筋など実績ゼロの品目は割当ゼロだった。

おすすめ記事(一部広告含む)