2022年2月8日

米232条、日本製品関税上乗せ 鉄鋼125万トンまで無税 4月から、アルミは継続

米政府は7日、米通商拡大法232条に基づく鉄鋼、アルミの上乗せ関税に関して、日本製の鉄鋼製品輸入の25%関税を年125万トンまで無税とする関税割当を4月から導入すると発表した。アルミの10%関税は残る。アルミに関しては製品別除外で引き続き対応が必要。萩生田光一・経済産業相は8日の会見で、今回の米側の措置を完全解決に向けた一歩としながら、アルミの関税が放置されるなど完全解決の途上とする認識を示し、引き続き完全撤廃を求める考えを示した。

おすすめ記事(一部広告含む)