2018年12月3日

日立金属、採掘機器向けクロム基合金を開発

 日立金属は3日、日立製作所の研究開発グループの協力の下、地下資源の採掘機器向けとして耐食性、耐土砂摩耗性、施工性に優れた硬質粒子分散型クロム基合金を開発したと発表した。掘削機器の部品表面に同合金を肉盛することで、機器の長寿命化や保守作業の軽減に寄与する。従来使用されてきたコバルト基合金に比べ10倍以上の耐食性と2倍以上の耐土砂摩耗性を兼ね備えていることが社内試験で確認され、今後の実用化を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)