2009年1月14日

大阪地区の平鋼、在庫減少も弱含み

 平鋼は昨年末でトン当たり10万5000円(ベースサイズ、置き場渡し)どころに値下がりし、弱含みに推移している。

 引き合いは小口当用買いが中心。「12月の売上高は11月よりましだったが、例年に比べるとかなり低い。今月も期待できないだろう」(特約店筋)といった声が聞かれるなど、低調な需要動向が続いている。

おすすめ記事(一部広告含む)