2009年7月8日

09年世界粗鋼 12億トン割れ見通し、中・印は3・6%増

 豪州農業資源経済局(ABARE)が6月時点でまとめた見通しによると、2009年の世界の粗鋼生産は11億8900万トンと前年比10・5%減少する。2年連続の減少。

 主要国では中国が5億2000万トンに3・6%増加する見通し。インドも3・6%伸びるものの、先進国を中心に大きな減少を見込むなど、主要各国で生産が軒並み減少すると予想している。

おすすめ記事(一部広告含む)