2010年2月4日

切板市況、好転の兆し見えず 関西地区

 関西地区の切板市況は今年に入り、トン当たりで5000円程度下落、8万―8万5000円(直線切り、無規材)どころが中心となっている。需要の低迷で、地区の溶断業者間の受注競争が激化しているため。需要環境に好転のめどがついていないだけに、価格の下げ止まりには時間がかかる見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)