2010年6月24日

飯塚鉄鋼、新プラズマ稼働順調

 飯塚鉄鋼(本社=兵庫県姫路市)は4月に本社工場のNCプラズマ切断機1基を更新したが、同設備は順調に稼働している。導入した設備はコータキ精機製で、投下金額は約3000万円。既存設備の老朽化に対応したもので、板厚40ミリ程度の切板の生産性向上につなげている。

おすすめ記事(一部広告含む)