2010年8月5日

NEDO、COURSE50分科会 プロジェクト中間評価

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は4日、環境調和型製鉄プロセス技術開発(COURSE50)の第1回分科会を開き、2008―12年度のプロジェクトの中間評価を行った。高炉からのCO2排出削減技術と、高炉ガスからのCO2分離回収技術研究の進ちょくを報告した。総合的に約30%のCO2削減が可能な両技術を、第1期の12年度に確立し、30年に実機を立ち上げる。
おすすめ記事(一部広告含む)