2011年4月28日

ステンレス協会、鉄鋼業初の節電指針

 ステンレス協会(会長=木下洋・新日鉄住金ステンレス社長)は27日、夏季節電対策に対する指針をまとめ発表した。

 電力消費がピーク期間となる7―9月を中心に、業界を挙げて節電対策に取り組む。節電行動を徹底し、節電ビズの導入、始業時間の繰り上げなどを通じ、電力消費量を可能な限り抑制する。具体的な運用については適用対象個所、事業所、部門など会員各社の事情に応じたものとする。節電対策として指針を公表するのは、鉄鋼業界では初めて。

おすすめ記事(一部広告含む)