2021年11月29日

ステンレス協会 ステンレス冷延鋼板輸入 モニタリング体制拡充 台湾・中国製急増受け調査

ステンレス協会(会長=関谷慶宣・JFEスチール常務執行役員)は、台湾製と中国製のステンレス冷延鋼板の輸入量が急増していることから、同協会の公正貿易委員会で従来から実施している冷延鋼板のモニタリング体制について内容の充実と範囲の拡大を進める。輸入量が最も多い韓国製の調査を行っているが、今年に入り台湾や中国からの輸入が増えている。足元も高水準の入着が続いており、台湾製と中国製のモニタリングを韓国製と同様に数量や価格など詳しく調査する。






おすすめ記事(一部広告含む)