2011年5月11日

中部特殊鋼各社、浜岡原発停止で節電に協力姿勢

 中部電力は9日、菅直人総理大臣が行っていた浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)における全ての号機の運転停止要請の受け入れを決定、現在稼働している4、5号機の操業を近日中に停止するが、中部地区特殊鋼メーカーは、節電要請があれば協力する姿勢を見せている。

 大同特殊鋼知多工場は、中部電力管内では単一事業所として最大消費者だが、同社は浜岡原発停止決定に対し、「現時点では今後の電力供給量の見通しがまだ分からず、どの程度の影響が出るか判断が付かないが、中部電力から節電要請があれば、可能な限り協力する」としている。
おすすめ記事(一部広告含む)