2011年12月29日

中国、鋼材市況 様子見で越年

 中国の鋼材市況は鋼板、条鋼とも横ばいで推移している。鉄鋼メーカーの減産が続く中、政府の金融引き締めが緩みつつあり、需給調整の土壌が整い始めている。東北部は冬場の不需要期に入り、建設需要が鈍く、春節(旧正月)が明けるまでは市場に目立った動きは見られないと予想され、様子見のまま、年を越す見込みだ。
おすすめ記事(一部広告含む)