2012年2月16日

共英製鋼、ベトナム北部にも拠点 一貫ライン合弁で新設

 共英製鋼は15日、ベトナムの北部地域で現地パートナーと鉄鋼事業を3月に開始すると発表した。鉄筋棒鋼メーカーのタム・ディェップ・ローリング・ミル・カンパニー社(本社=ニンビン省、略=TDR)の事業を譲り受け、合弁会社で既存ラインを運営、2014年には製鋼―圧延一貫製造ラインも新設、稼働させる。合弁会社のキョウエイ・スチール・ベトナム・カンパニー(KSVC)は昨年9月に設立済み。

 ベトナムでは関係会社のビナ・キョウエイ・スチール(VKS社)が来年完成予定で、年間50万トンの製鋼―圧延ラインの増設に着手。今回の投資で、北部と南部両地域に生産拠点を確保し、ベトナム全域で異形棒鋼需要に対応する。
おすすめ記事(一部広告含む)