2012年3月15日

東京地区の針金、母材軟化 上値重く

 針金は横ばい推移。市中価格は4ミリがトン当たり19万円、2ミリが21万円中心となっている。原料価格の動向などから素材となる線材価格にやや軟化気配が漂うなか、普通線材製品全般に再販価格は値上げムードに乏しい。一方で、下値も安定しているため、当面横ばい推移が続く公算が大きく、需要家も様子見の姿勢。流通でも在庫を積み増す動きなどは見られていない。

おすすめ記事(一部広告含む)