2013年5月13日

高炉4社決算、市況低迷で収益悪化

 高炉メーカー4社の2013年3月期連結決算が10日出そろったが、経常損益はJFEホールディングスが小幅減益、新日鉄住金は大幅減益で、神戸製鋼所、日新製鋼ホールディングスの2社は大幅赤字となった。アジアの供給過剰や円高などで国内外の鋼材市況が低迷し、主力の鉄鋼事業の収益が悪化した。14年3月期は、新日鉄住金、JFEHDの2社が業績予想を見送ったが、神戸製鋼、日新製鋼の2社は黒字転換予想を公表した。各社ともにコスト削減努力や円高修正などで国際競争力は回復しつつあるが、再生産可能な利益水準に戻すには鋼材価格の是正が不可欠となる。

おすすめ記事(一部広告含む)