2015年1月22日

アロイ、茨城に水・乾式兼用 プラズマ切断機導入

 ステンレス加工・構造材のアロイ(本社=東京都港区、西田光作社長)は、茨城加工センター(茨城県那珂市)に同社初となる水・乾式兼用のNCプラズマ切断機を新設し、本格稼働を開始した。ステンレス中厚板のプラズマによる切断加工需要が増えていることに対応する。水では板厚50ミリ、乾式では150ミリまで高精度の切断が可能。総投資額は約6000万円。茨城では今後、光加工センター(山口県光市)に次いで、レーザー切断機の新設も検討する。
おすすめ記事(一部広告含む)