2016年11月18日

ステンレス流通加工のアロイ、光加工センターでレーザー増設

 ステンレス流通加工のアロイ(本社=東京都港区、西田光作社長)はこのほど、光加工センター(山口県光市、中村浩紀所長)の切り板工場「切断棟」に7キロワットレーザー切断機1基を導入、加工体制を強化した。近年、レーザー加工需要が増加していることから、加工能力を増やすとともに、納期対応力を向上させる。同棟の屋根には太陽光発電パネルを設置し、荷重の増加に備え屋根を断熱材入りのものに入れ替えた。棟内の作業環境改善や結露対策による品質向上などの効果を見込む。一連の設備投資額は約3億円。
おすすめ記事(一部広告含む)