2015年10月19日

東京製鉄、11契、全品種据え置き マーケットに底値感台頭

 東京製鉄は19日、2015年11月契約分の鋼材販売価格(店売り向け)に関して、全品種で据え置くと発表した。10月契約分ではトン5000―1万3000円の大幅値下げに踏み切ったが、「薄板類を中心に海外マーケットは弱いものの、国内は建材製品を中心に10月から荷動きが好転しつつあり、遅れていた建築物件が年末に向けて動き出し、需給タイト化が見込まれる。前月発表の建値修正でマーケットが落ち着きつつあり、底値感が出始めている」(今村清志・常務取締役営業本部長)とし、国内を中心にマーケットに大きな変化が見られないことから、11月契約では全品種で販価を据え置くもの。

おすすめ記事(一部広告含む)