2016年2月15日

英リオ、15年純損失8.6億ドル 資源下落、減損費用響く

 英資源大手のリオ・ティントが11日発表した2015年通期決算によると、純損失は8億6600万ドル(1043億円、前年は65億2700万ドルの利益)と3年ぶりの赤字だった。資源価格が大きく下がったほか、減損費用などが響いた。基礎的な金利・税・償却前の利益(EBITDA)は126億2100万ドルと前年比35・8%減った。16年は税引き前で10億ドルのキャッシュコスト削減などで収益改善を狙う。
おすすめ記事(一部広告含む)